掃除機購入ガイド トップサイクロン掃除機>日立サイクロン掃除機

日立サイクロン掃除機



 日立サイクロン掃除機の特徴

以前は紙パック式掃除機を中心に商品展開してきた日立も、他社に準じて主力~高級機はサイクロン、低価格機は紙パック式という役回りになってきたようです。日立のサイクロン掃除機はどちらかというと本来のサイクロン掃除機の特徴である「遠心分離でゴミを振り分ける」、というよりも「紙パックが不要な掃除機」という意味合いが強いことが特徴です。

長年ラインアップしている「ごみダッシュサイクロン」はダストカップにティッシュペーパーをセットすることで埃の舞い上がりを防止することを推奨、またヘッドを大々的にPRしたりとサイクロンの集塵性能以外のところで注目を引いているようです。
【送料無料】日立【パワーブラシ搭載】 サイクロン掃除機 「2段ブーストサイクロン」 CV-SY700...

現在のラインナップは「ごみダッシュサイクロン」と、より本格的な「2段ブーストサイクロン」に分かれます。「2段ブーストサイクロン」はより本来のサイクロン掃除機に近い構造で、上級機種のモーターヘッドはとり回しがしやすく集塵力も大きいことが特徴。また、日立の特徴として昔からモーターには定評があることがあげられます。

 シリーズ

2段ブーストサイクロン
・CV-SY7000
・CV-SY5000
・CV-SY500
・CV-SY300
・CV-SY200
・CV-SY100
ごみダッシュサイクロン
・CV-SY20
・CV-SY9
・CV-SY8

生産終了品(2006年モデル)